ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.02.17 Sun
マネージドフューチャーズ・ファンドの優位性
過去のデータを見ると、マネージドフューチャーズ・ファンドは投資ファンドの平均以上のリターンを上げており、株式や債券よりも優れたパフォーマンスを達成していることが分かります。
米国のマネージドフューチャーズ運用者は30年間以上の長期間にわたり、優れたリターンを達成しています。

金融市場には数多くの異なる投資戦略がありますが、マネージドフューチャーズのような幅広い分散投資効果を提供する戦略を見つけるのは困難です。
一見、ほとんどの投資信託も分散投資を行っているように見えます。
たとえば、時価総額の大中小、成長株やバリュー株、様々な国と地域など、複数の異なるセクターに特化するミューチュアル・ファンドがあります。
しかしながら、実際には、ほとんどのミューチュアル・ファンドは株式市場のみを投資対象として、買いポジションのみの投資戦略を採っているのが実状です。
これに対して、マネージドフューチャーズ・ファンドは世界中の100以上の先物市場を投資対象として、売り買い両方のポジションを利用します。
投資対象とする先物市場は、通貨、金利、債券、株価指数といった金融先物市場から、金、原油、畜牛、小麦、コーヒー、綿花などの商品先物市場まで、極めて多様な範囲に及びます。

多くのマネージドフューチャーズ・ファンドは、人間の基本的な本能である群集心理を巧みに利用するトレンド・フォロー戦略を採用しています。
群集心理が今もこれからも変わり様のないことは歴史が示しているため、トレンド・フォローは常に強力な戦略となります。

従来に増して数多くの先物市場が世界中に存在しており、電子取引を通じてそれらの先物市場に簡単にアクセスできるようになっています。
先物市場での投資機会を効率的に利用するためには、洗練されたトレーディング・システムとソフトウェアが必要です。
マネージドフューチャーズ・ファンドでは、長年の投資経験と知識を実証済みのトレーディング・システムという形で個々の投資家が享受できます。
コンピュータ化されたシステムによって、一般的な投資家に共通の誤りである非合理的な行動や根拠のない判断が排除されます。


テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンドの戦略    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://hedgehedge.blog22.fc2.com/tb.php/66-3ca4cbc0

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。