ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.09.24 Mon
スーパーファンド・グリーン戦略とスーパーファンド・ブルー戦略
スーパーファンド・グリーン戦略(マネージドフューチャーズ戦略)

スーパーファンド・グリーン戦略は、上げ相場と下げ相場の両方で収益獲得を目指すマネージドフューチャーズという運用手法を採用しています。
独自の完全自動化トレーディング・システムで運用するスーパーファンド・グリーン戦略は、分散投資、テクニカル分析、トレンドフォロー、リスク管理の4つの基本方針により支えられています。
世界中の約150の金融先物と商品先物市場を対象に幅広く分散投資しているため、株式、債券、ヘッジファンド等との長期的な相関性が非常に低く、多くの投資ポートフォリオの分散化への効果が期待できます。
スーパーファンド・グリーン戦略を採用するファンドには、リスク/リターン特性と最低投資金額が異なるサブファンド(A、B、C)があります。

スーパーファンド・グリーン戦略の主な特長

優れたパフォーマンスを達成する可能性
実証済みの投資戦略
約150の金融・商品先物市場が投資対象
株式、債券、通貨、短期金利市場、商品市場など
目的:市場環境に関わらずリターンを目指す
上げ相場にも下げ相場にも対応可能
ポートフォリオのエアバック機能
株式や債券市場との相関性が極めて低い


スーパーファンド・ブルー戦略(株式マーケットニュートラル戦略)

スーパーファンド・ブルー戦略は、市場環境に関わりなく、比較的低いリスクで着実なリターンを目指す株式マーケットニュートラルという運用手法を採用しています。
市場の株価指数よりも良好なパフォーマンスを示す可能性のある個別株式を短期売買することで収益獲得を狙います。
それと同時に、株式市場全体に対して株価指数先物でポートフォリオをヘッジすることにより、株価変動の影響を受けにくいポートフォリオを構築します。
スーパーファンド・ブルー戦略は、スーパーファンドが独自で開発した完全自動化トレーディング・システムで運用されています。
主に欧州、アジア、米国など世界の主要株式市場に上場された流動性の高い約2,500銘柄の株式を投資対象としています。
その他資産クラスとの相関性が非常に低いため、多くの投資ポートフォリオの分散化に効果があると期待されます。

スーパーファンド・ブルー戦略の主な特長

比較的に低いリスクで着実なリターン
長期的に一貫した収益獲得を目指す
株価変動を抑える投資戦略
株価指数先物によるヘッジ手段
市場環境に関わらずリターンを得る可能性
上昇、下落、揉み合い相場でも収益追求
株式市場との非常に低い相関性
株式ポートフォリオの分散化に効果的



テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンド投資信託    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://hedgehedge.blog22.fc2.com/tb.php/61-207fa1b7

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。