ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.06.02 Sat
国際オルタナティブ戦略 QTX-ウィントン・アルファ・インベストメント・オープン
三菱UFJモルガン・スタンレー証券から
国際オルタナティブ戦略 QTX-ウィントン・アルファ・インベストメント・オープン
が販売されています。


ウィントン・キャピタル・マネジメント・リミテッドは、システム運用に特化したグローバルな投資顧問会社です。
1997年に設立され、約280億米ドル(2011年12月末現在)の運用資産残高を有しています。

ウィントン社の主力戦略である「マネージド・フューチャーズ戦略」を中心に、「株式運用戦略」を加えることにより、「マネージド・フューチャーズ戦略」のみで運用した場合のリスク水準を維持することを目指しつつ、収益の獲得機会を追求するファンドのようです。


マネージド・フューチャーズ戦略

投資対象
主に世界各国の取引所に上場されている先物

主な運用手法
ウィントン社の計量分析に基づくコンピューター・プログラムにより取引対象の値動きの方向性を捉え追随する(トレンド・フォロー戦略)ことによって収益の獲得を目指します。


株式運用戦略

投資対象
主に世界各国の株式および株式指数先物

主な運用手法
ウィントン社の計量分析により現物株式や株式指数のロング・ポジション(買い持ち)またはショート・ポジション(売り持ち)を活用することにより、株式市場の上昇だけに依存しない収益の獲得を目指します。



ウィントン社の主力戦略である「マネージド・フューチャーズ戦略」への投資配分を維持した上で、「株式運用戦略」への投資を行います。
「株式運用戦略」を加えることにより、戦略の分散によるリスク低減効果が期待できます。
戦略全体のリスク水準は、「マネージド・フューチャーズ戦略」のみで運用した場合のリスク水準と同等になることを目標にした上で、「株式運用戦略」への投資配分はウィントン社が決定します。


テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンド投資信託    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://hedgehedge.blog22.fc2.com/tb.php/57-6f694fbc

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。