ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.02.09 Thu
ウィントン・パフォーマンス連動オープン
ウィントン・パフォーマンス連動オープン」という
マネージドフューチャーズファンドに連動する投資信託が三菱UFJモルガン・スタンレー証券で購入できます。

このファンド「ウィントン・パフォーマンス連動オープン」は、パフォーマンス・リンク債への投資を通じて、ウィントン社が投資助言する「dbX-CTA5ファンド」のパフォーマンスへの投資機会を提供。


ウィントン・キャピタル・マネジメント・リミテッドは、225億米ドル超の運用資産残高(2011年6月末現在)を有する世界有数のコモディティー・トレーディング・アドバイザー(CTA)の一つです。
つまり、マネージドフューチャーズです。


投資先ファンド「dbX-CTA5ファンド」の運用方針は、ウィントン社の旗艦ファンドであるウィントン・フューチャーズ・ファンドと同様のものとのことですが、両ファンドは別のファンドであり、そのパフォーマンスは異なるとのことです。


ファンド名

コクサイ-MUGCトラスト-dbX-ウィントン・パフォーマンス連動オープン 米ドル建クラス 成長型

形態 ケイマン諸島籍 オープンエンド契約型外国投資信託 追加型
購入単位 100口以上1口単位



ウィントン・フューチャーズ・ファンドについて

ウィントン・フューチャーズ・ファンドは、英大手ヘッジファンドのウィントン・キャピタル・マネジメント・リミテッドの旗艦ファンドで、1997年からの運用実績を有するファンドです。

ウィントン・フューチャーズ・ファンドは、ヘッジファンドの戦略の中でも、トレンドフォロー型マネージド・フューチャーズ戦略で運用されています。

このトレンドフォロー型マネージド・フューチャーズ戦略といわれる運用手法は、マン・インベストメンツのAHLなどのヘッジファンドが採用している運用手法であり、金融危機により世界市場が荒れた2008年ですらもかなり良好な運用成績を残した最近改めて注目浴びている運用手法です。

ウィントン・フューチャーズ・ファンドは100%コンピュータによるシステマティック運用で、エネルギーや貴金属を始めとした商品先物市場や、株式指数や為替など金融先物市場の世界中約100の市場で運用を行っています。

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンド投資信託    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://hedgehedge.blog22.fc2.com/tb.php/53-420bae3a

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。