ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
「 2011年05月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.05.22 Sun
ヘッジファンドの主な戦略
マネージド・フューチャーズ以外のヘッジファンドの主な戦略です。


マクロ戦略 Macro
マクロ経済上の事象等の分析によって、株式・株式指数・金利・為替・コモディティ等の商品の
価格変動を予想し、その方向性に賭けることで収益機会を得る戦略。

株式ロング・ショート戦略 Equity Hedge
割安な銘柄をロング(買建て)、割高な銘柄をショート(売建て)することによって収益機会を得る戦略。

転換証券アービトラージ戦略 Convertible Arbitrage
転換社債、転換権付優先株、ワラント債などをロングする一方で、同銘柄の株式をショートすることでヘッジを行って収益機会を得る戦略。

株式マーケット・ニュートラル戦略 Equity Market Neutral
市場全体の動きよりも投資収益が上回ると見込む銘柄をロングし、逆にこれを下回ると見込む銘柄をほぼ同額ショートする。ロング・ポジションとショート・ポジションの収益格差から収益機会を得る戦略。

相対価値アービトラージ戦略 Relative Value Arbitrage
市場の方向性に沿った売買ではなく、類似性・連動性がある証券又は債券の価格で、一時的な歪みが生じている時に、ロングとショートのポジションを建てて、歪みが正常化する過程で収益機会を得る戦略。

買収合併アービトラージ戦略 Merger Arbitrage
買収案件では、通常買収先(買収を仕掛けている側の企業)がプレミアムをつけて被買収先(買収される側の企業)の株式を購入することから、被買収先の株式をロングする一方、買収先の株式をショートすることで収益機会を得る戦略。

ディストレスト証券投資戦略 Distressed Securities
経営環境の悪化、財務リストラ、倒産の危機などが予想される株式のショートや状況が好転しても割安に放置された銘柄をロングして収益機会を得る戦略。

イベント・ドリブン戦略 Event Driven
合併買収・スピンオフ・清算・再編・倒産・増資・株式買戻しなどの特別な取引から収益機会を得る戦略。
買収合併アービトラージ戦略やディストレスト証券投資戦略を総合した戦略。



国内の金融機関で購入できる、ヘッジファンドの値動きに連動するファンド(投資信託)の中では、マネージド・フューチャーズ戦略以外の戦略(マルチストラテジー戦略含む)で良好なパフォーマンスのファンドはないように思えます。




配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方 ≫

スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンドの戦略    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。