ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
「 2011年01月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.01.25 Tue
グローバル・フューチャーズ・ファンド 2010年12月の動向
12月のグローバル・フューチャーズ・ファンドの動向


12月のグローバル・フューチャーズ・ファンドは、ドルベースで+2.4%とプラスリターン。

グローバル・フューチャーズのポートフォリオでは、金属、穀物、ソフトコモディティ、株価指数の各セクターで売買益をあげた。
金属セクターでは、中国の輸入データとチリの鉱山における供給停止のニュースを受けて、銅価格が史上最高値をつけたため、銅先物のロングポジションで利益をあげた。
貴金属市場でも投機的な需要の高まりから12月末に高値をつけ、追加的に売買益が計上された。

世界第2位のトウモロコシ輸出国であり、世界第3位の大豆輸出国であるアルゼンチンにおける干ばつに近い状況から供給懸念が広がり、トウモロコシと大豆市場でも、各々29カ月ぶり、28か月ぶりの高値をつけ、売買益を計上。
ソフトコモディティ・セクターでは、コーヒー先物で売買益をあげた。

株価指数セクターでは、米国の失業保険申請件数の予想外の減尐、住宅販売の増加、小売売上の見通し良化といった米国発のポジティブな経済指標に支えられ、欧州、米国、アジア太平洋の株価指数先物のロングポジションで利益をあげた。


パフォーマンス・データ
(ユニット・トラスト:米ドルクラス)
2010年12月末現在

基準価格 US$ 13.45
12月収益率 2.4%
2010年初来収益率 0.2%
純資産総額 US$ 76,333,806


グローバル・フューチャーズ・ファンドは、
シティバンク銀行で購入できる複数のマネージド・フューチャーズに間接的に投資している投資信託です。




配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方 ≫

スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンド投資信託    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。