ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
「 2010年11月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.11.29 Mon
グローバル・フューチャーズ・ファンド 2010年10月の動向
10月のグローバル・フューチャーズ・ファンドの動向

10月は、ドルベースで+2.0%と3ヵ月連続でプラスリターンとなった。
10月は、追加的な量的緩和期待の高まりにより米ドルが下落を続け、商品市況は急騰。

プラス材料としては、中国の製造業セクターがここ4ヶ月で最大の拡大を示し、米国のサービスセクターの企業が予想以上に収益をあげた。
逆に、米国雇用データは引き続き悪化し、多くの中央銀行がさらなる量的緩和に乗り出すのではとの期待が高まった。
一方、中国ではインフレ懸念から金融政策が引き締められた。

結果、穀物、株価指数、通貨セクターでの売買益が、金利、エネルギーセクターでの売買損を上回りました。

穀物セクターでは、大豆とトウモロコシ先物の価格が、米国農務省による国内および世界の供給が予想より少ないのではとのレポートを受けて上昇し、売買益に寄与した。

株価指数先物でも、欧州の経済見通しが予想以上に改善したことや米国のサービス産業が予想以上に伸びたことなどを受けて、価格が上昇し、売買益を計上。
米国の小売売上げが予想より高かったこと、アジアにおける良好な企業業績の発表、米国FRBがさらに資金を市場に投入するのではとの思惑なども株価にはプラス材料となった。

通貨セクターでも、主に対米ドルでの円およびユーロの上昇により売買益を計上。



パフォーマンス・データ
(ユニット・トラスト:米ドルクラス)
2010年10月末現在

基準価格 US$ 13.56
10月収益率 2.0%
2010年初来収益率 -1.1%
純資産総額 US$ 81,776,038


グローバル・フューチャーズ・ファンドは、
シティバンク銀行で購入できる複数のマネージド・フューチャーズに間接的に投資している投資信託です。



配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方 ≫

スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンド投資信託    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。