ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
「 2010年05月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.05.26 Wed
マン・AHL・マイルストーン2010年3月のパフォーマンス
マネージド・フューチャーズ・ファンド 連動ファンド
マン・AHL・マイルストーンの2010年3月のパフォーマンスです。

マン・AHL・マイルストーン Month 5.3% YTD 2.0%

期間:2000/3/17~2010/3/29

設定来総合収益率135.8%
年率複利収益率8.9%
年率標準偏差15.4%
1口当たり純資産価格 US$221.37
純資産総額US$210,734,698
口数951,973


2010年3月の主なマン・AHL・マイルストーンの動向

2010年3月の運用プログラムは、全てのセクターにおいてトレンドが見られたことから大変好調な結果となった。
最もパフォーマンスを牽引したのは、株式のロング・ポジションで、中でもS&P500、及びナスダック100指数のポジションは、株式セクターにおいて最大のプラスとなった。

通貨セクターは、ユーロのショート・ポジション、英ポンドのショート・ポジション、並びに資源国通貨のロング・ポジションの3つの主要なテーマがパフォーマンスを牽引した。

ニッケル及び銅の価格が上昇したことから大幅なリターンを獲得するなど、金属セクターのロング・ポジションが当月好調な結果となった。

エネルギー・セクターは、天然ガスのショート・ポジション以外はマイナスの結果になったものの、全体としてはプラスの結果となった。

金利に関しては、短期金利セクターのロング・ポジションより先月に引続き恩恵を受けたものの、先月と比べリターンの幅は限定的となった。

長期金利においては債券セクターよりリターンを獲得したものの、幾つかの取引より当運用プログラム全体において最大の損失。

米国債のロング・ポジションが苦戦を強いられた。

とのことです。




配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方 ≫

スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンド投資信託    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。