ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
「 2010年04月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.04.27 Tue
グローバル・フューチャーズ・ファンド2010年3月パフォーマンス
シティバンク銀行で購入できるマネージド・フューチャーズ連動ファンド
グローバル・フューチャーズ・ファンドの2010年3月パフォーマンスです。

3月のグローバル・フューチャーズ・ファンドの動向

ドルベースで+3.1%のプラスリターンをあげた。
3月は景気指標がグローバル経済の回復を示したのに加え、ギリシャに対するユーロ圏の支援が限定的ながらも示されたことで他のユーロ圏の債務国についても青写真が示されたことを受けて、リスク資産が買われた。
グローバルの株式、原油、ベースメタルが経済成長見通しから上昇した。
投資家はマクロ景気の回復と金融市場の環境改善により自身を深めており、グローバル株式で売買収益が計上された。
景気指標と企業収益の数値が揃って支援材料となり、また、米FRBによる低金利政策の継続もあって、S&P指数、ダウ工業株指数ともに過去18カ月来の高値を付けた。
原油や天然ガスなどエネルギーセクターでも売買収益が計上さた。
原油価格は、景気回復による需要増加の期待感から上昇トレンドが継続した。
ベースメタルでは、特に銅とニッケルの価格が、景気回復期待と月末にかけてのドル安を受けて上昇し、ポートフォリオのパフォーマンスを押し上げた。

とのことです。

パフォーマンス・データ
(ユニット・トラスト:米ドルクラス)
2010年3月末現在

月末の基準価格は US$ 13.47
3月収益率 3.1%
2010年初来収益率 0.4%
純資産総額 US$ 104,905,616

グローバル・フューチャーズ・ファンドは、マネージド・フューチャーズ連動ファンドです。



配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方 ≫

スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンド投資信託    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。