ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
「ヘッジファンドの戦略 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.02.17 Sun
マネージドフューチャーズ・ファンドの優位性
過去のデータを見ると、マネージドフューチャーズ・ファンドは投資ファンドの平均以上のリターンを上げており、株式や債券よりも優れたパフォーマンスを達成していることが分かります。
米国のマネージドフューチャーズ運用者は30年間以上の長期間にわたり、優れたリターンを達成しています。

金融市場には数多くの異なる投資戦略がありますが、マネージドフューチャーズのような幅広い分散投資効果を提供する戦略を見つけるのは困難です。
一見、ほとんどの投資信託も分散投資を行っているように見えます。
たとえば、時価総額の大中小、成長株やバリュー株、様々な国と地域など、複数の異なるセクターに特化するミューチュアル・ファンドがあります。
しかしながら、実際には、ほとんどのミューチュアル・ファンドは株式市場のみを投資対象として、買いポジションのみの投資戦略を採っているのが実状です。
これに対して、マネージドフューチャーズ・ファンドは世界中の100以上の先物市場を投資対象として、売り買い両方のポジションを利用します。
投資対象とする先物市場は、通貨、金利、債券、株価指数といった金融先物市場から、金、原油、畜牛、小麦、コーヒー、綿花などの商品先物市場まで、極めて多様な範囲に及びます。

多くのマネージドフューチャーズ・ファンドは、人間の基本的な本能である群集心理を巧みに利用するトレンド・フォロー戦略を採用しています。
群集心理が今もこれからも変わり様のないことは歴史が示しているため、トレンド・フォローは常に強力な戦略となります。

従来に増して数多くの先物市場が世界中に存在しており、電子取引を通じてそれらの先物市場に簡単にアクセスできるようになっています。
先物市場での投資機会を効率的に利用するためには、洗練されたトレーディング・システムとソフトウェアが必要です。
マネージドフューチャーズ・ファンドでは、長年の投資経験と知識を実証済みのトレーディング・システムという形で個々の投資家が享受できます。
コンピュータ化されたシステムによって、一般的な投資家に共通の誤りである非合理的な行動や根拠のない判断が排除されます。




配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方 ≫

スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンドの戦略    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.05.22 Sun
ヘッジファンドの主な戦略
マネージド・フューチャーズ以外のヘッジファンドの主な戦略です。


マクロ戦略 Macro
マクロ経済上の事象等の分析によって、株式・株式指数・金利・為替・コモディティ等の商品の
価格変動を予想し、その方向性に賭けることで収益機会を得る戦略。

株式ロング・ショート戦略 Equity Hedge
割安な銘柄をロング(買建て)、割高な銘柄をショート(売建て)することによって収益機会を得る戦略。

転換証券アービトラージ戦略 Convertible Arbitrage
転換社債、転換権付優先株、ワラント債などをロングする一方で、同銘柄の株式をショートすることでヘッジを行って収益機会を得る戦略。

株式マーケット・ニュートラル戦略 Equity Market Neutral
市場全体の動きよりも投資収益が上回ると見込む銘柄をロングし、逆にこれを下回ると見込む銘柄をほぼ同額ショートする。ロング・ポジションとショート・ポジションの収益格差から収益機会を得る戦略。

相対価値アービトラージ戦略 Relative Value Arbitrage
市場の方向性に沿った売買ではなく、類似性・連動性がある証券又は債券の価格で、一時的な歪みが生じている時に、ロングとショートのポジションを建てて、歪みが正常化する過程で収益機会を得る戦略。

買収合併アービトラージ戦略 Merger Arbitrage
買収案件では、通常買収先(買収を仕掛けている側の企業)がプレミアムをつけて被買収先(買収される側の企業)の株式を購入することから、被買収先の株式をロングする一方、買収先の株式をショートすることで収益機会を得る戦略。

ディストレスト証券投資戦略 Distressed Securities
経営環境の悪化、財務リストラ、倒産の危機などが予想される株式のショートや状況が好転しても割安に放置された銘柄をロングして収益機会を得る戦略。

イベント・ドリブン戦略 Event Driven
合併買収・スピンオフ・清算・再編・倒産・増資・株式買戻しなどの特別な取引から収益機会を得る戦略。
買収合併アービトラージ戦略やディストレスト証券投資戦略を総合した戦略。



国内の金融機関で購入できる、ヘッジファンドの値動きに連動するファンド(投資信託)の中では、マネージド・フューチャーズ戦略以外の戦略(マルチストラテジー戦略含む)で良好なパフォーマンスのファンドはないように思えます。


テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンドの戦略    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.08.29 Fri
マネージド・フューチャーズとは
マネージド・フューチャーズとは

投資家の資金を集めて、世界の先物・オプション市場に上場されている商品に専門家が投資し、その収益を投資家に還元する投資商品のこと。
商品取引アドバイザー(CTA)と呼ばれるプロの取引業者が運用を担います。

マンインベストメンツのAHLもこのマネージドフューチャーズ戦略です。

マネージド・フューチャーズの運用者は大きく二つのタイプに分類できます。

システム・トレンド追随型

自社のコンピューター・モデルを駆使し市場のトレンドから収益の獲得を目指します。
リスク管理の技術をコンピューター・モデルに搭載することで、あらゆる商品市場で取引を行い投資機会を追求します。

ファンダメンタル分析型

需給関係に影響を及ぼす様々な要因を投資判断材料とし、自己裁量で運用を行います。
最も得意とする分野に投資対象を限定し運用スキルを活用します。

マネージドフューチャーズ戦略のヘッジファンド「スーパーファンド」に連動するスーパーファンドジャパンを販売しているキャピタルパートナーズ証券がマネージドフューチャーズのメリット、マネージドフューチャーズ・ファンドに投資する20の理由というのを書いています。
なかなかわかりやすい説明だと思います。

http://www.superfund.co.jp/capital-partners/pdf/merits.pdf


以下 引用

理解しよう!マネージドフューチャーズのメリット

~マネージドフューチャーズ・ファンドに投資する20 の理由~

1. 長期的な投資実績

過去のデータを見ると、確立したマネージドフューチャーズ・ファンドは平均以上のリターンを上げており、株式や債券よりも優れたパフォーマンスを達成していることが分かります。
ビル・ダンやキース・キャンベルなど、米国のマネージドフューチャーズ運用者は30 年間以上の長期間にわたり、年率平均17%から20%の優れたリターンを達成しています。

2. 従来の資産クラスとの無相関性

洗練された投資家はマネージドフューチャーズ・ファンドをまったく独立した資産クラスとして利用しています。
世界中の100 種類を超える金融先物市場(通貨、株価指数など)および商品先物市場(金、原油など)を対象に幅広く分散投資するマネージドフューチャーズ・ファンドは、従来の数多くの資産クラス(株式、債券、不動産など)およびヘッジファンドと長期的な相関性がほとんどありません。

3. 上げ相場と下げ相場の両方で利益を上げる可能性

売り買い両方のポジションを駆使できるマネージドフューチャーズ・ファンドは、上げ相場と下げ相場の両方で利益を上げる可能性を持っています。
つまり、将来の価格が下がり続ける傾向にある場合は、売りポジションを開くことによって利益を得る柔軟性を備えています。
従来のほとんどの投資信託は、下げ相場で売りポジションを開くことについて多くの制限を受けます。

4. 複利効果によるリターン向上

投資を行うと、投資元本に利息が付きます。次年度以降は、当初の投資元本のほかに前年度の利息にも利息が付いて(複利効果)、パフォーマンスが増幅されます。
たとえば、投資元本に対する5 年間の年率平均リターンが20%である場合、この複利効果のおかげで、総合リターンは100% (0.2×5)ではなく約150% (1.25 -1.0) になります。
年率平均リターンが17%であるファンドに10,000 ドルを投資した場合、元利合計は指数的に増加して、30 年後には1,110,646 ドルになります。
この複利効果は、マネージドフューチャーズ・ファンドのような高いパフォーマンスが期待できる資産クラスに長期投資を行う場合に特に有効に機能します。

5. 分散投資による機会の拡大

市場には数多くの異なる投資戦略がありますが、マネージドフューチャーズのような幅広い分散投資効果を提供する戦略を見つけるのは困難です。
ほとんどの投資信託も分散投資を行っているように見えます。
たとえば、時価総額の大中小、成長株やバリュー株、様々な国と地域など、複数の異なるセクターに特化する投資信託があります。
しかしながら、実際には、ほとんどの投資信託は株式市場のみを投資対象として、買いポジションのみの投資戦略を採っているのが実状です。
これに対して、スーパーファンドを始めとするマネージドフューチャーズ・ファンドは、世界中の100 以上の先物市場を投資対象として、売り買い両方のポジションを利用します。
投資対象とする先物市場は、通貨、金利、債券、株価指数といった金融先物市場から、金、原油、畜牛、小麦、コーヒー、綿花などの商品先物市場まで極めて多様な範囲に及びます。

6. 市場参入機会を制御可能

トレンド・フォロー戦略を採用する数多くのマネージドフューチャーズ・ファンドは、最適な機会が訪れたときのみ投資を行います。
利益に繋がるトレンドが存在しない場合、トレンド・フォロー戦略では単に投資を行いません。
これに対して、一般的な投資信託は一定の度合いで常に市場に投資しておく必要があり、下落相場の終焉を受動的に待たなければなりません。
野生の世界でも同様に、ライオンは獲物が十分に近づき、無駄なエネルギーを使わなくても獲物を捕獲できる可能性が非常に高いときに限り、攻撃を開始します。
獲物を短時間で捕獲できないと覚ると、ライオンは攻撃を即座に止めて、次のチャンスに備えてエネルギーを温存します。

7. リスク管理が最優先課題

マネージドフューチャーズ・ファンドは優れた長期的パフォーマンスを達成するために、リスク管理を最優先課題と捉え、リスクに対して専門的で規律正しいアプローチを採ります。
リスクを制御するために、個々の取引ポジションの金額を厳密に制限し、損失を早期に切り捨てます。
(スーパーファンドの場合:各取引の初期リスクの上限は、ファンドの総資産の最高2%に事前に設定されます。)
リスクの総量が毎日継続的に監視され、損失は逆指し値注文によって自動的に抑えられます。

8. 大手投資家による利用実績

大学基金や年金基金などの著名な投資機関は過去何十年間にわたり、マネージドフューチャーズ・ファンドをポートフォリオの一部として成功裏に利用してきました。
たとえば、ハーバード大学やエール大学、カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)などの年金基金は、一般投資家に先んじて、パフォーマンス向上のために従来の伝統的資産にマネージドフューチャーズを組み入れています。
また、大手銀行は何年も前から富裕層顧客にマネージドフューチャーズ・ファンドを提供して、独自の付加価値を創造しています。
今日、小口の一般投資家もこのマネージドフューチャーズ戦略を利用できるようになりました。

9. 複数の決済機関との提携による取引安全性の向上

マネージドフューチャーズ・ファンドは信用度の高い決済・清算機関を通じて決済される先物市場と外為市場を収益の源泉としており、効率的で安全な取引決済が保証されます。
家屋にかける損害保険と同様に、信用度の高い決済・清算機関を使用すると、市場での契約に関して債務不履行に陥るリスクが回避されます。
スーパーファンドのファンドでは、複数の異なる決済機関を使用して取引執行リスクを幅広く分散しているため、レフコ事件のような決済機関の破綻からファンドの資産が保護されます。

10. 群集心理の利用

数多くのマネージドフューチャーズ・ファンドは、人間の基本的な本能である群集心理を巧みに利用するトレンド・フォロー戦略を採用しています。
子供は話し方、歩き方、振る舞いを学ぶために親の言動を真似ます。
同様に、大人も他人を真似て群衆の行動に従おうとします。
これはファッションにも金融市場にも当てはまります。
たとえば、映画スターが新しいジャケットを着ると、翌月には世界中の人々が同じジャケットを着ています。
群集心理が変わり様のないことは歴史が示しているため、トレンド・フォローは常に強力な戦略です。

11. 厳格な規律のもとに適用される高度な投資手法

多くのマネージドフューチャーズ・トレーディング・システムは、ユニークかつ固有のソフトウェアを使ったシステム売買を採用しています。
これらのソフトウェアは、数式と科学的ロジックに基づいて開発されており、長期間に渡るバックテストによる検証がなされています。
トレーディング・システムの背後に居るのは、理論的エコノミストではなく数学者とエンジニアです。
数学者やエンジニアが考案する投資手法は、自動化システムによる厳格な規律のもとに適用されます。

12. 市場予測に頼らず、市場価格の動きのみに反応

株式投資において、アナリストは市場動向の予想を試み、投資家はファンダメンタル分析やアナリストの意見に基づいて、利益を生む銘柄を選択しようとします。
一方、スーパーファンドを含む多くのマネージドフューチャーズ・ファンドは、金融市場や商品市場で実際に発生した価格変動のみに基づいて取引を行います。
投資判断はもっぱら、現在および過去の価格変動に基づいて行われます。
つまり、既存のトレンドを検出し、それに追随することを目標とします。

13. 極めて高い柔軟性

スーパーファンドを始めとするマネージドフューチャーズ・ファンドは、世界中の100 以上の金融先物市場と商品先物市場を投資対象とすることができます。
つまり、特定の市場に固執する必要はありません。これに対して、一般の投資信託および特定のヘッジファンドは、その投資対象が特定の市場や戦略に限定されており、ファンド・マネージャは収益機会がない場合でも、それらの市場や戦略(たとえば、中小型株や大型株戦略)に固執しなければなりません。

14. 投資家には及ばない追加証拠金

自ら口座を開いて投資する場合とは違い、マネージドフューチャーズ・ファンドでは、ファンドの投資家が追加証拠金を求められることはありません。
ご自身で先物ブローカーの口座経由で取引を行う場合は、取引をカバーするために追証の請求を受けることがあります。
マネージドフューチャーズ・ファンドでは、そのようなことはありません。

15. より短い回復期間

マネージドフューチャーズ指数(CISDM CTA Asset Weighted)によれば、これまでに28 ヶ月を超えるオフピーク期間(下落からの回復期間)はありません。
これはマネージドフューチャーズが比較的早く下落から回復できることを示しています。
これに対して、ダウ工業株指数の最長オフピーク期間は303 ヶ月、約25 年以上にも及びました。
マネージドフューチャーズ・ファンドは軽快なヨットのようにすぐに反転するのに対し、巨額の投資信託は満載のタンカーのようにゆっくりと反転するといえるでしょう。

16. 厳格な規制と監査の適用

公募のマネージドフューチャーズ・ファンドは、独立した監査法人による厳格な監査を受けます。アメリカ合衆国では、CFTC (商品先物取引委員会)、NFA (全国先物協会)、および各州の規制当局がマネージドフューチャーズ・ファンドを監督・管理しています。
マネージドフューチャーズ・ファンドの公募については、SEC(米国証券取引委員会)およびFINRA(金融産業規制機関)の規制を受けます。
その他の諸国でも同様の厳格な規制や監督が適用されています。

17. 少額投資が可能

マネージドフューチャーズ・ファンドでは一般的にヘッジファンドより低い最低投資金額が設定されており、最低5,000 米ドル程度からの初期投資が可能です。
これに対して、一般的なヘッジファンドは、最低50 万~100 万ドルを投資できる富裕層を対象としています。

18. 高い流動性と正当な市場価格

マネージドフューチャーズ・ファンドの正確な投資評価額(純資産価額)は、リアルタイムの市場価格で算定されます。
他のヘッジファンド等では、プライベートエクイティ、転換社債、不動産に代表されるような流動性の低い資産の評価にしばしば理論値を使用しています。
住宅やアパートを売却した経験のある人ならば、不動産価格が科学的な根拠のみに基づいて算定されるものではないことに気付くでしょう。
一方、リアルタイムの価格評価では、特定の時点における正確な価値で投資額が評価されます。

19. 実証済みのトレーディング・システムとソフトウェア

今日、従来に増して数多くの先物市場が世界中に存在しており、電子取引を通じてそれらの先物市場に簡単にアクセスできるようになっています。
ただし、先物市場での投資機会を効率的に利用するためには、洗練されたトレーディング・システムとソフトウェアが必要です。
マネージドフューチャーズ・ファンドでは、長年の投資経験と知識を実証済みのトレーディング・システムという形で個々の投資家が享受できます。
コンピュータによる自動化システムによって、一般的な投資家に共通の誤りである非合理的な行動や根拠のない判断が排除されます。

20. 高い支払い能力

厳格なリスク管理を行っていること、各国の規制当局の監督を受けていること、原則借り入れを行わないことから、マネージドフューチャーズ・ファンドは高い支払い能力を有すると言えます。
米国で公募のマネージドフューチャーズ・ファンドが導入された1970 年代以降、目立った破綻は1 件もありません。
これとは対照的に、ミューチュアル・ファンドはセンセーショナルな破綻(Enron、Worldcom、Parmalat など)にたびたび見舞われています。
セクターや市場について厳格な制限を設けているマネージドフューチャーズ・ファンドは、大きな問題が発生する可能性を防いでいると言えるでしょう。


テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンドの戦略    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。