ヘッジファンドとは~マンインベストメンツ(Man Investments)AHLのことや 日本で購入できるMan ADPなどに連動するファンドについて
ヘッジファンドへの投資とは | ヘッジファンド紹介 | ヘッジファンド投資信託 | ヘッジファンドの戦略 | 国家破綻とヘッジファンド | ETF | 
ヘッジファンド投資

NYA

ヘッジファンド投資の他にも海外ETF、インデックスファンド、コモディティファンド、REIT、投資信託などの投資先や資産運用、資産形成についても書いていきたいと思います。

ブログ内検索




リンク
ヘッジファンド投資




カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
「ヘッジファンド紹介 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.01.29 Thu
マン・AHL・マイルストーン マネージド・フューチャーズ・ファンド2008年パフォーマンス
マネージド・フューチャーズ・ファンド 連動ファンドの2008年のパフォーマンスです。


マン・AHL・マイルストーン       29.5%

シティグループ・グローバル・フューチャーズ・ファンド 28.1%

Man AHL Diversified plc(ADP)  33.2%


2008年はマネージド・フューチャーズファンドがよかったですね。



配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方 ≫

スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンド紹介    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.15 Tue
Man InvestmentsのファンドMan AHL Diversified plc(ADP)
2007年は、2月の中国発世界同時株安、サブプライムショックにも関らず、19.6%のリターンがあったヘッジファンドでMan InvestmentsのMan AHL Diversified plc(ADP)についてです。

実績年率複利収益率 : 19.1%
トータルリターン(1996年3月~2007年12月) : 677.2% 
過去1年間実績収益率(2007年12月末) : 19.6%

マネージドフューチャーズトレンドフォロー戦略のヘッジファンドです。
相場の先行きを予測することの難しさ日々刻々と変化する相場の先行きを予測するのは極めて難しいこと。そこで、上昇相場、下落相場を予想するのではなく、相場の方向性に追随することで収益を獲得する「トレンド・フォロー」戦略をとっています。

トレンド・フォロー戦略は相場が上昇すれば買い、下がれば空売りと、相場に追随しながら相場の上下に関係なく収益機会が得られることになります。
こういったトレンドは各市場において頻繁に発生し収益機会があります。しかし「言うは易し」でトレンドの把握はとても難しく、かつ安易な判断は極めて危険です。

MAN AHLはこのトレンド・フォロー戦略で運用し成功を収めていますが、様々なデータを収集・判断してコンピューターを駆使するクオンツ・システム運用でトレンドを判断しています。
人間と異なりコンピューターは心理的状態に影響されないので、プログラムで決められたルールに実直に従い「売り・買い」を繰り返す結果、長期的に安定した収益を獲得することに成功しています。

トレンド・フォロー戦略は相場の動向に追随し、長期間にわたる下げ相場では空売りをし相場のトレンドにのることで収益を獲得します。
上でも下でもそのトレンドについていく、そしてそのトレンドが長ければ長いほど収益機会は大きくなります。
1997年のアジア危機、1998年のロシア危機・LTCM破綻、2000年のITバブル崩壊、2001年の米国同時多発テロ等数々の危機がありましたが、MAN AHLはその期間において損失を出すことなく、逆に高い収益を獲得するに至っています。

MAN AHLの投資対象は多岐に亘り、世界の主要先物市場において、金融先物、通貨・金利先物及び商品先物で合計110品目以上の取引をしています。
他の資産と違う値動きをする資産へも投資することで分散効果が期待できます。


FC2 Blog Ranking

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー
ヘッジファンド紹介    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。